ファースの家|美人の家 清栄建設
お問合せTEL:0986-25-3924
〒885-0091 宮崎県都城市横市町265-5
県知事登録 第10072号・2級建築士
▼サイトマップ| ▼プライバシーポリシー
メインメニュー
アフターも安心。住宅ワイドサポート
「ファースの家」紹介動画
トップ  >  茅葺き屋根の思想とは?全室調湿の意義

茅葺き屋根の思想とは?全室調湿の意義

茅葺き屋根の思想とは?

 日本の夏場は気温35度、湿度85%と亜熱帯気候(亜熱帯地方には冬はありません)のような高温多湿の毎日が続きます。一方、冬は気温は氷点下にもなり、湿度も20%台まで低下する、北半球では最も特殊な気候風土です。これは東西南北に長い日本列島では北半球の他の国と比較した場合、北海道も含む(沖縄を除く)全部の地域で言える事です。
茅葺き屋根の思想とは?

どんなに家づくりが進化しても、このような特殊な気候風土の日本の国土に家を建てる場合、夏も冬も家の健康と住む人の健康を「水分管理」と言う不思議な機能を持つ事で維持して来たのが茅葺き屋根の家屋であり、その思想を絶対に無視出来ないのです。

茅葺き屋根には年中、大量の水分を保有しております。夏場は日射熱や高い気温でこの茅葺き屋根から水分が蒸発して家屋内の温度を放出します。一方、乾燥する冬場は、その茅葺き屋根から水分が家屋内に放出されて、住む人の身体から湿気が蒸発(蒸発する時体温を奪う)する事を防ぎます。

また、真壁と言って柱や土台などの構造材が常に空気に触れており、腐朽菌の発生を抑制してきました。また、玉石の基礎を用い、床下の乾燥を維持し、地震力を吸収するように出来ており、住む人の健康と家自体の健康を守ってきました。先人達が千年以上もかけて培った、匠の技と知恵の結集と言えるでしょう。

こうした特殊な日本の気候風土の中で、日本の断熱仕様の基本は、布団と同じグラスウール断熱材で乾燥した空気を静止させる事で成立しますが、家の性能は5 年10年のサイクルではありません。30年も50年も壁の中、床下の中に充填された断熱材が、常に乾燥したままになっている保証は誰もできません。

現在、一般に供給されている家に茅葺き屋根の思想など微塵も生かされていないのです。「ファースの家」は徹底して、この茅葺き屋根の思想を新建材で作られる、現代建築の中に生かしております。


わらぶき屋根

 

全室調湿の意義 「ファースの家」は茅葺き屋根の大きな特徴である「水分管理」を徹底する性能を持っております

先ず、外部における、時期的な梅雨、雨時、夏場多湿、高温、低温、乾燥などで水分管理で出来なかった家屋内を特殊な断熱気密方法で可能にし、冬も夏もほぼ一定の湿度を維持できるようになりました。

この特殊な断熱気密手法は家全体を樹脂でシームレス状に完全に包み込むため、大きな剛性を増す構造となります。またこの手法で土台と基礎に樹脂断熱材を充填して吸震効果を持たせていますので、地震力を吸収します。

機能的には天井裏の空気をサイクルファンで床下に送り込む事で、床下と天井裏とに気圧差が生じて、常に空気が構造材の木材を空気に触れさす事が出来て木材の含水量も常に10%前後と極めて好ましい環境を維持し、土台や柱が腐食する事はありません。
調湿空気清浄剤(ファースシリカ)

この循環空気は、床下に敷設された大量の調湿空気清浄剤(ファースシリカ)に家屋内で発生する生活発生水を吸着させ、大量の湿気を床下に抱え込みます。家屋内が乾燥した時はこの抱えた水分が放出され、家屋内の潤いを保持します。

また、このファースシリカは家屋内で発生する空気のホルムアルデヒドやタバコの臭い、その他の有機ガスの汚染物質を循環空気に触れて吸着します。

さらに湿気を吸着する時と放出時にレナード現象が発生してマイナスイオンが放出し、常に家屋内の空気は森林の中と同じ状態を維持する事が出来るのです。

したがって、家屋内で換気量を多く必要とする燃焼系の機器の使用が出来ないため、必然的に国内唯一のオール電化専用の住宅システムとなったのです。

友達に伝える
前
高気密・高断熱なの?
カテゴリートップ
ファースの家
次
床・壁・天井から輻射熱冷暖房
[ホーム]  [新着情報]  [ファースの家]  [施工例]  [家造りQ&A]  [会社案内]  [お問合せ]
Copyright c 2008 Seiei-Kensetu All rights reserved.